勝武館とは


明治41年(1908年)に
無比流師範武石兼相
日暮里で開設した道場が勝武館です。
武石兼相師範31歳での道場設立でした。

道場はのちに蒲田駅の南側に移転。
武石師範は昭和18年に急逝
昭和20年に戦場より復員した高弟の松本貢師範により
平塚市に「相州松武館」を設立。
以来戦後70年に亘って多数の門下生を教導し数名の皆伝師範も出ました。
昭和20年から27年の講和までの占領下ではGHQ(連合国軍総司令部)
により武道禁止令が出されていた為、普通の道場経営は困難でしたが
松本師範は乞われて進駐軍の武術指導も行っており特例があったようです。


現在の勝武館は平成24年に松武館より皆伝を受けた木村賢により
平塚市に新たに設立された稽古場です。

当館では武石翁の伝承した無比流、兼相流、浅山一傳流を伝承し
併せて各種武術の研究にも努めております。

無比流杖術、居合術とは

無比流とは 佐々木哲斎徳久により関ヶ原の合戦の後確立された流儀である。


流祖は元は佐分利流槍術(鍵槍)の遣い手であったが戦場にて槍の茎尻より
切り折られた爲残った五尺五寸の柄で奮戦したのが当流杖術の嚆矢とされる。

流祖は関ヶ原の合戦後は高野山の修験者であった。
修験の使用する金剛杖の寸法に近いことから金剛杖起源の可能性もある。
旧幕時代には水戸藩領に広く伝播しており現在でも田谷の棒術、無飛流、
無比無敵流、武秘流長巻術として各地に伝わっている。

流祖発行の「神道無比流傳書」は萬治元年(西暦1658年)発行の物で
無比流現存最古の伝書である。(勝武館蔵)

この伝書の中に「太刀鞘離四方詰之目録」として跪坐での四方詰居合の
記載があり林崎流との関連が窺われる。

流祖発行の伝書 太刀鞘離四方詰之目録
また無比流居合術目録の内容から水戸藩発祥の「新田宮流」(和田平助創始)
と関連が深いことが判っている。
明和七年水戸で発行の伝書「田宮流総論」(新田宮流八世の物)の前書及び
柔剛弱強之弁及び口伝の多くの部分がほぼ一致した。

当流には刀礼、血振の所作はなく下げ緒は
鞘に巻き付けたままか外して稽古する。

一人では訓練せず受太刀を付けて二人で行うのが特徴である。
他にも他流に見られない江戸時代の所作が多く残っている。

無比流の無比とは「相手と比べない、即ち敵を作らない無敵」
の境地を目指すということである。

武術修行は徒に争いを助長するものではない。
人生を豊かなものにする手段でもある。


無比流杖術

表 四手

中之位 五箇条

極意 十箇条

伝双杖 四手

無比流居合術

全三十手 その他別傳有


 無比流系図
 流祖  佐々木哲齋徳久
 二世  野村甚左衛門尉勝忠
 三世  武田藤七郎重明
 四世  本多治左衛門尉
 五世  山田宇左衛門尉
 六世  片岡宗吉景重
 七世  軍司次左衛門信三
 八世  前島良助可定
 九世  池田文左衛門誠慎
 十世  小松崎兵庫業求
 十一世 武石新三郎信光
 十二世 武石兼相居士
 十三世 松本貢兼久
 十四世 松本保男武久
 十五世 木村賢

兼相流柔術とは

兼相流とは水戸藩傳の為我流(いがりゅう)柔術、大倉傳の浅山一傳流体術
に工夫を加えて
「武石兼相(本名は兼太郎)」によって

明治後期ごろ創設された護身柔術である。
江戸時代に発生した柔術は比較的多く現存するが
明治以降創設された新式柔術の現存数は非常に少ない

 

旧幕時代の様式も残しつつ明治以降の新しい技術を加味して
伝えるきわめて貴重な流儀である。
戦前、南千住回向院にある桜田烈士墓前の石畳で武石兼相師範が
松本貢兼久師範を相手にして兼相流柔術を奉納演武した際に
天下一の豪傑として有名だった 玄洋社頭山満より
「近世またと得難き武人ぢゃ」と絶賛され頭山翁が
付けていた時計を戴いたという逸話が残っている。
※「武石兼相先生の思い出」松本貢 昭和63年発行 より

    
頭山満 翁(安政2年ー昭和19年)             勝武館所蔵

 なお大倉傳の淺山一傳流体術
 地之巻上段之位、中段之位、下段之位、奥伝之位各十二本
 合計四十八手及び居捕八手
と大筋で一致する内容である。 

松本傳では「天之巻」「地之巻」「人之巻」に大別され、
夫々「上段之位」「中段之位」「下段之位」各十二本づつ
「天之巻」には「押込」  十二本
「地之巻」には「居捕」  十二本
「人之巻」には「乱之巻」二十二本
ほか別伝技法多数により構成されている。手関節、指関節に対する逆技を多用し
受身は石畳の上で投げられても衝撃の残らない特殊な手法を採用している。
勝武館では大倉傳の浅山一傳流の教本、清水謙一郎(昭和5年に皆伝)発行の
兼相流柔術の極意書を所蔵しており全系統の比較研究ができる唯一の道場である。

兼相流系図
流祖 武石兼相居士 
二世 松本貢兼久  武石門下
三世 松本保男武久 武石門下
四世 木村賢

淺山一傳流(森戸伝)とは

浅山一伝流の技術(六尺棒、鎌、居合、剣、小太刀)は旧幕時代の
教伝内容に比べて欠落部分もあるが残存している部分のみ伝承している。
失傳部分は「淺山一傳流傳授型筆録」「江戸時代の伝書資料」
を参考に研究しておりある程度の部分までは解明している。

江戸で隆盛を極めた森戸家の淺山一傳流であり流祖以来数々分派した中の一系統である。
蛇足ではあるが森戸傳は大倉傳の淺山一傳流とは無関係である。

淺山一傳流系図
浅山一傳斎三五郎重晨 
小島仁左衛門尉光友
仲村九兵衛尉光利 
中井武右衛門尉重頼 
小野里新兵衛尉勝之 
中田七左衛門尉政経
浅山一傳重行
森戸三太夫朝恒
森戸三休偶太
森戸一傳金春 
森戸三太夫春邑 
森戸帰春金綱 
森戸三太夫金鏗 
森戸三太夫金制
梅田七郎治忠寄 
梅田右平治忠謙 
小林藤十郎 
石川左内
遠山龍三郎 
石川喜六
山崎房吉
武石兼相 
松本貢 
松本保男 
木村賢

海軍軍刀術(高山流白兵抜刀術)研究

戦時中に帝国海軍将官待遇軍属で剣道十段の高山政吉師範
により考案され海軍部内で実施されていた軍刀術(白兵抜刀術)である
当然家元制度ではないので誰でも自由に学ぶことが出来る

         

          高山政吉師範 
           前敵真向斬(前敵縦斬)

高山流は現在全業の実伝を受けた者がいない為、
各方面より苦心して入手した当時の資料を基に勝武館員および
親交のある武術家有志により
研究中であるが訓練内容の大部分は
概ね判明している。

縦斬、斜斬、拂斬、刺突の四刀法を主軸に作られており
すべてその組み合わせであり習得は容易である。
極端に大きく振り冠り、大きく斬り下すのが特徴であり
確実な抜刀、確実な斬撃を得るために全身運動で行う
大技が多く技巧的な技が少ないのが特徴である。
その点では中華民国の軍用大刀術と似ている。

停止間、尋問、宣撫、調査中に敵が危害を加えんとした場合
敵に蹴りなどの当身業を放ってから斬撃する業
茂みに潜む敵兵を探索して斬撃する業
匍匐前進して敵陣に接近しおもむろに斬撃する業
突撃時、多敵を相手とした乱戦の業をも含む。

簡単ではあるが趣のある軍刀操法である。その名称などには
公儀御様御用 山田浅右衛門家の試し切り秘伝書
の影響もかなり受けている。

海軍軍刀術は短期訓練により基本の操法を学び即戦場に於ける実用に
供されるものであり長年かけて学ぶ古式の武術とは目的自体が異なる。
また部隊、教官の裁量によって指導内容を変更していた為、目録に差異が見られる


基本の目録は以下の通り

運体法 (捻転 圓転 施術)  

運刀法  

素斬技


軍刀術

歩行業

歩行技は歩行中突発する兇変に際し行ふ使術にして
前敵真向斬、後敵右袈裟斬、右敵拂斬、左敵諸手刺突等とす


停止業

停止業は停止中突発する兇変に際し行ふ使術にして
前敵片手刺突、後敵拂斬、右敵左袈裟斬、左敵斬上等とす


潜行業

潜行業は接敵行動中突発する兇変に際し行ふ使術にして
前敵抜打刺突、後敵拂袈裟斬、右伏敵袈裟斬、左敵刺突等とす

突撃業
突撃業は白兵突入に於ける使術にして
刺突進、拂斬進、諸手真向斬進、諸手袈裟斬進等とす

海軍武道教範(軍刀術之部)、軍刀術指導参考他より抜粋

上記に匍匐業及び各業に別法が加わる。
注意点としては海軍武道教範ほか資料によっては
左袈裟、右袈裟の方向に相違が見られる

資料1 「海軍武道教範(軍刀術之部)」 昭和18

歩行業  停止業  潜行業  突撃業  各四本

資料2 「海軍軍刀術」 昭和18 舞鶴海軍工廠発行

歩行業  
停止業  潜行業  突撃業  各四本

資料3 「軍刀術指導参考」 昭和20 横須賀砲術学校体育部発行

歩行業  潜行業  突撃業  匍匐業  各五本

 

岐阜県教育委員会登録 勝武館所蔵
謹作高山刀 刀匠 石原正直 研師 福田耕平
長さ 64.5cm 反り 1.6cm

※高山刀は高山政吉師範考案の実戦軍刀
ナカゴ尻が猿手穴にかかるほど長寸のナカゴです。

平成3年「秘伝古流武術」誌上に於いて高山流白兵抜刀術の存在を知り幾星霜
苦心惨憺の末、詳細な資料調査と研究及び
多数の協力者の御尽力により復元できました。

勝武舘 館長 木村賢

館長平成9年より海上自衛官として勤務。
各種任務に就く。
退官時3等海曹

平成24年相州松武館館長松本武久師範より皆伝を受け
神奈川県平塚市に無比流 兼相流 勝武館を開設。

事業を営むかたわら、古流武術の保存、振興に励む。

↑ ページの上部へ

inserted by FC2 system