構え紹介 技術の盗用を防ぐ為あえて手順、詳細を変えて紹介します

無比流杖術 霞之構

敵のあらゆる動作に対処できる基本の構

無比流居合術 逆袈裟切り

無比流の代表的な斬撃法

無比流杖術 槍構

敵に向かう構

無比流居合術 上段之構

特徴的な上段構

無比流居合術 上袈裟

逆手に抜刀し敵を突いたところ

淺山一傳流木刀型 半月

待機構、誘いの手

技法紹介

無比流居合術

十二目録 小手落

無比流杖術

打込

兼相流柔術 入違

肘関節を極める

兼相流柔術 両手捕 別法

目潰し

無比流杖術 中之位 五箇条 引杖之乱

敵の側頭部を打ったところ

無比流杖術 中之位 五箇条の極め

左手にて敵の肩を捕えて杖の先で急所を突くところ

兼相流柔術 

天之巻 上段之位 猿投

兼相流柔術

逆手投(ぎゃくてなげ)

無比流居合術 

十二目録 柄之勝

無比流居合術 

居合目録 柔剛


演武会・体験会の様子

靖国神社古武術奉納演武会  門下生八名参加

平成28年9月11日 東京九段 靖国神社 
島津先生にご招待戴きました。


平成28年 京都嵐電嵐山駅・日本國術會様主催

「日本の武道 演武と体験」
平成28年10月2日 京都嵐電嵐山駅特設会場


無料体験会 平成28年 武士コン8

平成28年11月西東京市「武士コン8」会場


中澤健二師範の合気サンボと交流

平成29年8月アメリカ海軍横須賀基地道場


    平成29年新春 武蔵國一之宮小野神社奉納演武会


平成30年新春 相模国平塚八幡宮奉納演武会

勝武館主催 十流派が演武を奉納しました。




当世武術家英名録 ※序列は順不同 


相州松武館 初代館長 
松本貢兼久先生

古武道研究家で武術家の平上信行先生より掲載を快諾戴きました。

昭和63年 相州松武館道場 受手は平上先生

「和儀 第弐號」所載 和科學々會発行

平上先生は秋満紫光先生の直弟子です。


恩師 相州松武館 二代館長 
松本保男武久先生

武石兼相師範に師事した最後の直弟子でした


古武術 刀禅 是風会 

高無宝良先生
     是風会

無比流十六世(杖術・居合術)
山東派二天一流・小倉藩伝二天流・肥後新陰流 
各流の師範

その他武術、文化問わずなんでもこなす方です。
陸上自衛隊での射撃の才能は驚異です。
是風会の古流武術は都内数か所で習えます。
国内外より様々な種目の武術師範を招聘し武術セミナーを
実施しており国際的に非常に高い
人気があります。
国内外の正統な古伝武術の保存に尽力されており
武道界への貢献度が非常に高い方です。
わけても宮本武蔵の青年期創始の二天流、壮年期創始の二天一流
この二派を習える道場は全国でも希です


↑ ページの上部へ

inserted by FC2 system